毛穴パックは気持ちいけどするべきではない!

毛穴パックのやりすぎは注意!

毛穴パックってとても人気な毛穴グッズですよね?

 

特に鼻に貼ることで、ごっそりと角栓が抜けるのをみるとクセにもなってしまいます。でも実はこれ、危険でもあるんですよ。

 

なぜなら毛穴の周りの角質層を一緒に剥がしてしまうからなんです。角質層は肌の保湿や外部の刺激から守ってくれる役割があり、これが失われると毛穴トラブルになりがちなんです。

 

また、毛穴から角栓が取れても毛穴が開いたままの状態だと、皮脂汚れも溜まりやすくなり黒ずみになってしまうこともあるんですよ。他にも、角質層がはがれたことで外からの刺激に耐えられなくなると、シミになりやすかったりニキビができやすくなってしまうんです。

 

そして角質層がはがされたことで、人間の肌は角質層を再生させます。そのときに失われた分以上の角質層を厚くしようとしてしまうんです。これにより、余計に角栓ができやすくなってしまう連鎖となってしまうんです。

 

ですのでなるべく毛穴パックはなるべく使わないほうがいいでしょうね。ムリに毛穴を広げている行為ですし、繰り返し使うことで余計にひどくなってしまうことにもなりえますので、私としてはおススメしません。

 

強引な毛穴パックよりも、しっかりと蒸しタオルで毛穴を開いて、丁寧な洗顔を心がけるほうが長い目でみたときに絶対に肌の状態は良くなっていますので、負担をかけないでケアをしていきましょう。

 

⇒私が使っている毛穴の開きを治す化粧品を紹介しています(TOP)

毛穴パックのやり過ぎは逆効果!?危険性があることを知っておこう!関連ページ

毛抜きで角栓をとるのはNG!