なぜ毛穴ってあるんだろう?

毛穴の役割ってご存知ですか?

 

スキンケアをするうえで毛穴って本当に邪魔に感じてしまいますよね。毛穴が目立って開いてしまっていたり、黒ずんでしまうとため息がでてしまうものです。

 

ですが、毛穴にはしっかりとした役割がありますので、それをしっかりと理解することでこれからのスキンケアにつながると思いますので、是非ここでは毛穴の役割について大きく2つに分けたので学んでいきましょう。

 

体温調節

体温調節をする

毛穴には、人間の体温調節をうまくバランスよくおこなうことができます。たとえば人間が寒く感じるときに、毛穴自体が収縮し体温が外へ逃げるのを防ぎます。

 

寒いときに鳥肌が立つのは、交感神経が緊張して、立毛筋が毛穴を閉じ込めようとするからなんですね。

 

また、暑く感じるときは上がった体温を下げるために、汗として体の外へ出すことで体に働きかけるんです。

 

特に夏のような暑い季節は体温調節がうまくいかないことで、肌トラブルになりやすいので要注意です!

 

夏に気をつけたい毛穴トラブルの対策|夏に打ち勝つ毛穴ケア!

 

バリア機能

バリア機能

この空気中にはホコリだったり細菌や、紫外線などの外敵がおおく存在しています。

 

その外敵から肌を守るために、皮脂膜をつくりだし水分を保つ、バリアのような役割があるんです。

 

このバリア機能があることで、正常な素肌を保つことができますので、その結果が毛穴の開きや黒ずみを防ぐんです。

 

このバリア機能は加齢とともに低下していくので、しっかりとしたスキンケアはバリア機能を保つうえでも大事なんですね。

 

毛穴の開きを治す化粧品ランキング

毛穴の役割について学ぼう関連ページ

毛穴の開きが目立つ箇所